ココロビト

~明日使えるかもしれない心理学を気ままに発信~

期待や理想がたった一言で現実になる?【ピグマリオン効果について】

むかしむかしあるところにピグマリオンという名のひとりの王様がいました。

 

ピグマリオンは現実の女性に失望していました。

 

そんなある日、ピグマリオンは理想の女性を思い描き、彫刻を彫りました。

 

そのうち彼は自らが作り上げた彫刻に恋をするようになりました。

 

そして彼は彫刻にご飯を用意したり、服を着せたり話かけるようになりました。

 

するといつの日か彫刻に生命が宿り、ピグマリオンはそれを妻に迎えましたとさ。

 

めでたしめでたし。

 

というギリシャ神話のお話があります。

 

ピグマリオン効果とは『人間は他者から期待されることによって期待された通りの結果を出す傾向がある』という理論です。

 

詳しい意味や例について解説していきます。

 

 

ピグマリオン効果とは

 

Group Hand Fist Bump

 

私は子供の頃、走るのが苦手で運動会のかけっこは、いつも最下位か後ろから2番目でした。

そのとき母親に「あなたは短い距離を走るのは苦手かもしれないけど、ゆっくりとしたペースで長く走ることは得意よね。」といわれました。

 

後からきいた話ですが、それは「褒めるところがないから、適当にいっただけ。」だったそうなんです。笑

 

それでも、その言葉を真に受けた私は「あぁ、そうか!」

「自分はコツコツ一定のペースで走ることが得意な長距離型なのか!」と都合の良いように解釈し納得していました。

そもそも母親は当時の私の長距離走のタイムなんて見たこともないんだとか....

 

しかしそんな思い込みで過ごしていた子供時代、長距離の成績はグングンと伸びていき、中学3年の頃には駅伝チームでキャプテンを務めるまでに成長していました。

残念ながらエースではありません。なんやかんやタイムはチームで5番目くらい。汗

 

このようにピグマリオン効果とは『相手に期待することにより、相手を期待した理想像に近づけることができる』魔法のテクニックなのです。

 

しかも、相手に期待に値する能力が備わっていなくても効果を発揮できる可能性があります。

 

たとえばあなたが学校の先生や会社の上司に「あなたは、まだまだこれだけの結果を出せる可能性があるから頑張ろう!」と言われたら、

「めちゃめちゃやる気出ますよね。」

 

「この期待に少しでも応えねば!」とおもったらピグマリオン効果がバッチリ働いている証拠です!

 

誰だって『期待されるとその期待に応えたいという想い』があります。

自分では気づかなかったけど、周りから見るとそうなのかもと前向きに考えることで思いもよらない才能が発揮されます。

 

最近、スーパーや公園のトイレの張り紙に、以下のフレーズを目にしたことはないでしょうか?

『いつもトイレをキレイに使ってくださり、ありがとうございます。』

「誰がどんなふうに使っているのか、実際キレイに使っているのかどうかもわからないのに、こんな張り紙をするなんてよく考えると、おかしな話ですよね?」

 

しかし、そこのトイレは言葉の通り「すごくキレイなんです!」

 

「誰がどう使っているのかなんてのは関係ないのです。」

 

その張り紙をひとりひとりが見ることによって「綺麗に使わなくちゃ!」というピグマリオン効果が働き清潔感が保たれるというものなのです。

 

『結果を褒めて伸ばすのではなく、先の可能性を信じて導いてあげる』のがポイントです。

 

その人にどんな才能があって、これからなにが伸びるかなんて、正直誰にもわかりません。

もちろん本人でさえも。

 

「期待するだけで、相手が良い方向に変わる可能性があるのであれば活用しないのはもったいないですよね。」

 

自分自身にも使える!ピグマリオン効果応用編

 

Free stock photo of fashion, person, woman, relaxation

 

他者の能力を引き上げるだけじゃありません。

ピグマリオン効果は「自分自身にも使えちゃうんです!」

 

自分で自分に期待し暗示をかけること。

 

簡単なような気もしますが、「やってみると案外難しいんですよね。」

 

相手を信じることはできても、自分は自分の能力をよく知っているので、限界点を勝手に決めちゃうとなかなか効果は発揮されません。

 

そこで簡単に自己暗示をかける方法として、

「紙に目標を書く」という方法があります。

『私は〇〇ができる!』というふうな感じに。

 

それを見えるところに貼ってあげて目にすることにより、自分の期待した理想の自分に近づけるよう結果を出す努力を無意識におこなうようになります。

 

受験生がはちまきに『絶対合格!』なんてのも同じ効果が働きます。

少し例えが古いかな....笑

 

目標を書いた紙を写真に撮って、スマホの待ち受け画面に設定するのもオススメです!

 

モチベーションの高さは結果に大きく関わってきますので、自分自身を奮い立たせてあげるためにも使わない手はないですよね?

 

さいごに

Free stock photo of sea, beach, sand, water

言葉は使い方ひとつで可能性を引き出すことができる素晴らしいものです。

 

100%成功するための方法はありませんが、できないと言っているうちは、どうやったってできません。

 

期待や理想を思い描く権利は誰にだってあります。

 

まずは『信じてみることから可能性は広がっていくんじゃないか』と私はおもいます。

 

この機会にピグマリオン効果を上手く使って相手や自分自身のポテンシャルを最大限に、引き出してあげてください。